敬語とタメ口の使い分け!

 

今回は「敬語とタメ口の使い分け!」というお話です。

 

同じ会社であれば、年下の先輩には敬語、年上の後輩にはタメ口で話すという人もいるそうですが、敬語とタメ口の使い分けって難しいですよね。

ただ、根本的には、相手のことを知らない場合には、まずは、敬語で話したほうが良いと言えます。

 

なぜなら、役職や立場などを明確に理解している場面以外で、

いきなりタメ口を使ってしまうと、相手は高圧的な態度に感じたり、距離感の違いに困惑してしまったり、最悪の場合、モラルやマナーに欠ける人だと思われてしまうなど、ネガティブなイメージを抱いてしまうことに繋がってしまうからです!

 

また、相手の見た目が自分より若そうだからと、憶測だけで決めつけて、タメ口で話しかけたところ、実際には、自分より年齢が上で、赤っ恥をかくだけじゃなく、相手に不快な思いをさせてしまうということも、なきにしもあらずなのです。

 

ですから、初対面の相手と会う際には、年齢の上、下には関わらず、まずは、敬語から始めるほうが無難であり、相手が受ける印象も悪くなることはないと言えるでしょう。

ただし、相手との関係性が築けているのに、いつまでもお互いが敬語で話すことが、絶対に良いことだとは言い切れません。

 

その理由としては、

敬語を使うことで、確かに丁寧な印象を相手に与えることができますが、その反面、相手との距離や壁を作ってしまうことにもなりかねないからです!

 

要するに、過剰な敬語表現や丁寧過ぎる言葉遣いの場合には、どこか、よそよそしい感じが拭えず、相手との距離が縮まりきらないことだってあるわけです。

 

ですから、

恋愛の場面に限らず、まずは敬語からスタートして、相手との関係性や状況を踏まえた上で、相手にも一言かけて、どちらか一方、もしくは、お互いにタメ口に移行したほうが良いと言えるでしょう!

 

「そろそろ、お互いに敬語やめない!?」と、このように伝えて、相手からの了承の上、タメ口に切り替えれば、悪い印象を持たれることもありませんし、何より、敬語からタメ口に変わることで、お互いの距離が一気に縮まることだってあるかもしれませんよ。

 

婚活や恋愛の場面でも、敬語とタメ口を上手に使い分けて、相手との関係性の構築を図ってみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。