今回は「最初の段階では猫をかぶってもいいんじゃない!」というお話です。

 

普段は偉そうにして威張っている人であっても、初対面の相手と接する時には、礼儀正しく、外面を良く見せるといったように、いきなり自分の本性をさらけ出す人は少ないはずです。

それは、相手に対して警戒心を持っており、心を許せる人間かどうかを判断していることもありますし、根本には、人から好かれたいという欲求を持っているからと言えるでしょう。

 

このように、相手のことを知らず、仲良くなっていない状態の時には、人は無意識のうちに猫をかぶっていることも多いのです。

 

そして特に、

好きな相手や気になる相手の前では、少しでも好かれようと、自然と相手の意見を意識して、相手の理想像に近くなるように自分を演じてしまいがちとなるのです!

 

要するに、

本来の自分の性格やキャラクターが、相手の好みと異なっていたとしても、「相手から好意を持たれたい」、「よく思われたい」と、相手の好みに合わせようとする傾向があるというわけです!

 

では実際のところ・・・、恋愛の場面では、猫をかぶったほうがよいのでしょうか!?

その答えとしては、相手と関係性が構築できるまでの段階や交際に発展する前であれば、個人的には、多少なりとも猫をかぶるのはアリだと考えています。

 

なぜなら、交際や結婚に進みたいと考えている相手がいるならば、少なからず、相手から嫌われることを避け、相手から好かれるように努力する必要性があります。

 

さらに、当たり前のことですが、

相手から、「いいな」と思ってもらえなければ、その先の関係には進めないわけですから、「ありのままの自分を好きになってほしい」と、最初から自分の本性を出したところで、嫌われてしまっては元も子もないからです!

 

ただし、そうは言っても、「猫をかぶっているのが相手にバレたら、逆に嫌われてしまうのではないか・・・」と心配になる人もいると思います。

けれど、安心してください。

 

大抵の場合、態度や言動から、相手が自分に好意を持っているかどうかは分かるものですから、たとえ、猫をかぶっていたのがバレたとしても、自分に好かれようとしてやっていたことだと理解してくれる相手であれば、悪い印象を持たれることはないはずです。

 

また、永続的に猫をかぶるのではなく、まずは相手から良いと思ってもらうためのきっかけとして猫をかぶり、仲良くなれば少しずつ本来の自分を出していくようにすれば、自分自身も疲れ果ててしまうことにはなりませんし、相手も露骨に不満を出すことはないでしょう。

 

結局はやり方次第だと思いますし、相手との関係性を築いていく手段として、上手に猫をかぶることも必要かもしれませんね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。