今回は「本音と建前を見抜き、相手の気持ちを理解する!」というお話です。

 

日々のコミュニケーションの難しさというのは、皆さんも感じていることだと思います。

特に、周りや相手の状況なども考慮して、本音として思っていることをストレートに伝えなかったり、思っていることとは別のことを伝えたりする場合だってありますよね。

 

皆さんも、「本音と建前」という言葉は聞いたことがあると思います。

そして、この「建前」とは、日本特有の価値観であり、考え方なのです。

 

具体的な例を挙げるなら、日本人が何かを断るとき、「NO」とは言わずに「もう一度考えます」「検討します」と、相手に伝えることがあると思います。

この場合に、はっきりと「NO」と言わないのは、相手が気分を害し、自分との関係をこじらせるかもしれないという、周囲の空気を読んでいるからです。

けれど、これが日本人以外であれば、ダメなものはダメ!と、はっきり「NO」という意志表示を示してくることが、ほとんどというわけです。

 

ただ、このお話では、「本音と建前」に対し、良いのか悪いのかという議論をするつもりはありません。

それよりも、

日本人の多くが、建前という価値観を持っていることを頭に入れておき、相手の本音を見抜く力を養って、恋愛に活かしてほしいのです!

 

それでは、どうやって相手の本音を見抜いていくかを、ご紹介していきたいと思います。

 

まずは、相手の態度をよく見ることです。

人間は、知らず知らずのうちに、自分の心の部分・・・この場合は、本音(本心)が態度に出てしまうものです!

そのため、賛成と言ってくれているのに、浮かない顔をしていているなど、言ってることと態度が矛盾している場合などは、建前の可能性もあるので注意が必要です。

 

他には、相手の口調や声のトーンも気にしたほうがよいです。

否定や疑問という感情がある場合や、建前で相手と話す時には、いつもと口調が違ったり、声のトーンが暗いなど、ネガティブな雰囲気が話し方に出てしまいます!

これは、態度もそうなのですが、感情と脳がつながっているからこそ、言葉とは裏腹な面が自然と出てしまうのです。

 

要するに、

相手のことをしっかりと観察することで、相手の本音に気づきやすくなるということです!

恋愛の場面でも、相手のことを傷つかせないように、関係性が変にこじれないように・・・と、建前で発言することは多いものです。

そんな時に、相手の発言の真意に気づかなければ、今以上に関係が悪化してしまうことにもなりかねないので、皆さんも日頃から相手の気持ちが理解できるよう、本音を見抜く力を養ってくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。