今回は「正直に話すことは勇気がいること!」というお話です。

 

根本的に、失敗をしたことがない人間なんていないはずです。

なぜなら、知識や経験が不足していたり、自分の力を過信してしまい、それが、失敗に繋がることだってあるわけで、失敗から学ぶことで成功への道となるからです。

 

ただし、

失敗をしてしまった時に、その失敗が大きければ大きいほど、恥ずかしさと自分が背負う責任も比例して大きくなり、人の目や自分の評判を気にして、不安な気持ちが出てきてしまい、その結果、自分の保身に走ってしまうということだってあるわけです!

 

よく、「失敗は正直に謝ればいいのに・・・」と、このように言われる方もいらっしゃいますが、もちろん、考え方として間違っていませんし、それが正解なのですが・・・。

実は、不安を抱え、追い込まれた精神状態の時というのは、冷静な判断ができず、誤った言動を取ってしまうということだって少なくありません。

 

それに、失敗に限らず、物事を正直に話そうとした場合、どこをどう話すべきか、また、全てを話した時に、迷惑をかけてしまう人がいるのではないか・・・と悩んでしまい、躊躇してしまうことだってあるものです。

 

要するに、

全てを正直に話すことで、余計に事態が悪化するのではないかという不安を抱えたり、自分以外の人を苦しめてしまう恐れも考えてしまうわけで、正直に話すということは、相当な勇気がいることなのです!

 

それでも、多くの場面で、

失敗をしたら正直に謝ったり、正直に話すということが、何よりも真摯に対応することとなり、そうすることが一番、自分自身の傷口を広げなくて済む方法でもあるので、その勇気を振り絞ることが必要なこととなるでしょう!

 

婚活や恋愛の場面でも、正直に話すことで、相手を傷つけてしまうことだってあるわけです。

けれど、それ以上に、今後の自分自身の身の振り方、さらには、相手との未来も考えた上では、嘘偽りなく、誠実に対応することのほうが良いことだって多いのです。

 

もしかしたら、自分が犯してしまった失敗は、取り返しのつかないことかもしれませんが、少しでも明るい希望があるのであれば、その失敗を糧として、より大きく羽ばたける一歩となればいいですね。

「雨降って地固まる」ということわざもありますが、正直に話すことで、相手との絆が深まることだってないとは限りませんから、よく考えて行動してみてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。