今回は「気持ちを見せても伝わらなければ意味がない!」というお話です。

 

普段の生活や仕事の場面でもそうですが、自分では一生懸命やっていたり、気持ちを込めてやっているつもりでも、周りに伝わっていないことってありますよね。

これは、恋愛でも同じで、相手に自分の気持ちが伝わっていないことは、よくあることなのです。

 

実際は、見せ方の問題もありますが、例えば、好きな人に自分の熱意が全く伝わっていなかったとしたら・・・あなた自身が気持ちを100%出したと思っていても、良い結果には繋がりませんよね。

要するに、

気持ちを見せるということは、相手や他の人から評価されないと無意味なことなのです!

 

そのため、

「自分が100%気持ちを出した!」と思っても、相手に50%ほどしか伝わっていなければ、今以上に相手に伝わる言動が必要になるというわけです!

 

それに、案外、

自分が感じていることと、他の人が感じることというのは、温度差があるものです!

ですから、相手に気持ちを見せるとするならば、自己満で終わらず、自分の気持ちがきちんと相手に伝わるよう、自分の120%の気持ちを出すことを心がけてみてください。

 

自分がやった気になっていても、相手に伝わっていなかったら、何の評価にも繋がりませんので気をつけてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。