今回は「求められる強さと相手のことが好きかどうかは別物!」というお話です。

 

特に、好きでも嫌いでもなかった相手から、熱い告白をされた時に、人によっては、「そんなに自分のことを好きと言ってくれるなら・・・」と、求められることを大事にして、交際に発展する方もいらっしゃいます。

 

もちろん、それだけ相手が自分のことを好きという気持ちであれば、嬉しくなるのは間違いありませんし、その先も幸せが待っているだろうと考えるかもしれませんが、実は、注意してほしいことだってあるのです。

 

それは、

求められる強さが大きいからといって、その相手が良い人かどうかは、また別の話ということです!

 

さらに、求められる強さと相手の善し悪しが別物ということは、同じように、

求められる強さと自分が相手のことを好きかどうかは、無関係だということを理解しておかなければいけないのです!

 

そもそも、求められることで喜びを感じる人のほとんどが、受け身な性格であることが多いです。

そのため、自分からアプローチすることが少なく、相手が自分を求めてくる場合には、あまり拒むことはせず、相手をそのまま受け入れがちなのです。

 

ただし、そうなってしまうと、相手の本質が良いか、悪いか、また、自分と合うのか、合わないのかを考えることなく、交際や結婚に発展してしまい、後から、後悔することに繋がってしまうのです。

 

通常、自分が好きになった相手のことは、「この部分が合いそう」だとか、「ここが魅力的」など、色々と相手のことを考え、分析するものです。

けれど、自分を好きになった相手のことは、深く考えたり分析しないことだって多いのです。

 

要するに、

求めてきた相手のことを簡単に受け入れるのではなく、しっかりと理解し、見極めて選ばなければ、失敗することになりかねないというわけです!

 

もし、自分が受け身な性格だと自覚がある方は、相手から求められた時には、今一度、冷静に考えてみてくださいね。

冷静に考えた上で、相手のことを受け入れるのなら問題ありませんが、勢いで相手を受け入れてしまうと、相手の本質が見抜けず、後悔してしまうことだってあるかもしれませんので!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。