無理なお願いは断られることよりも・・・!

 

 

今回は「無理なお願いは断られることよりも・・・!」というお話です。

 

恋愛の場面に限らず、人にお願いや頼み事をする機会ってあるはずです。

そんな時に、どうしても相手にお願いを聞いてもらいたいからと、少々無理を言ってしまうことってないでしょうか!?

 

例を挙げるなら、相手が乗り気がないことを分かっている状況で、「頼む!ちょっとだけでいいから、この後の二次会も参加してよ!」と、必死にお願いをしてみたり。

他には、「いつも手伝ってあげてるんだから、こっちのお願いも聞いてよね!」と、ワザと相手が断りづらいような言い回しをしたり。

 

実際のところ、上記のように、

無理にでも相手にお願いを聞いてもらおうとすると、その瞬間は確かに、断られにくくはなるのですが、結局は、相手は良い気分にはなることはなく、マイナスにしか作用しないのです!

 

そもそも人は、

自分自身に選択権がない場合には、プレッシャーを感じ、嫌悪感を覚えることも少なくありません!

 

具体的には、「○○してください!」と言うように、初めから断定される場合や、お願いを断るということも含め、選択肢を与えられない場合のことです。

 

要するに、

半ば強引にお願いをすることよりも、相手が無理なく断られるような言い回しをしたほうが、長い目で見れば、関係性は良好に保てるというわけです!

 

ですから、「もし大丈夫だったら、○○してもらえると嬉しい」と、このように、少し軟らかいニュアンスでお願いをするほうが、相手への心証も良くなります。

さらには、断わられても仕方がないというような言い回しのほうが、相手は変にプレッシャーを感じることなく、安心することに繋がるため、たとえ断られたとしても、その後に気まずい関係となることは少ないでしょう。

 

婚活や恋愛の場面でも、好きな相手や気になる相手には、自分の要求を聞き入れてもらいたいと、焦ってしまうこともあるかもしれませんが、無理なお願いをすることは、断られることよりも、最終的にはダメージが大きくなってしまうこともあるので、注意するようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。