今回は「男性は全体、女性は細部を見ている!」というお話です。

 

先に結論からお話すると、

男性の多くは余程好きなことでなければ、細部には目がいかず、全体像でしか見ていないと言われています!

その逆に、

女性は好きの範囲が広く、細かいところまで目が届く人が多いと言われています!

これが、男性と女性の視点の違いです。

 

女性が少しだけ髪の毛を切っても、気づかない男性が多いのは、そもそも細かい部分まで見ていないからというわけです。

「髪切ったことぐらい気づいてよ!」と女性は思うかもしれませんが、男性は女性の全体の雰囲気しか見ていない人が多く、この男性と女性の視点の違いを知っておかなければ、イライラしたり、ケンカの原因となってしまうので注意が必要です。

 

ただ、この特性から考えると、女性が「足の太さが・・・」とか「目の大きさが・・・」と悩んでいることも、男性は全く気にしていないことも多いので、あまり細かいことを気にしすぎなくても大丈夫です。

それよりも、女性は全体の雰囲気から良い印象を与えられるよう努力してみてください。

 

また、

男女問わず、仲良くなりきれていない相手とは、体の距離が近いことはほとんどありませんので、近い距離ではなく、少し遠くからでも印象良く見えるように心がけたほうが良いのです!

そのため、鏡で自分をチェックする時も、2mほど離れた状態で自分を見てみると良いでしょう。

少し離れた位置からでも魅力的に見えるよう、全体の雰囲気を大事にしてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。