今回は「異性に送るメール時の注意点!というお話です。

 

ちなみに、ここで説明するメールはビジネスメールではなく、恋人や友人に送るメールについてとなります。

 

まずは、ご自身のメールの内容を思い返してみてください。

伝えたいことが多くあり、ついつい長文になってしまう・・・

こんなことには、なっていないでしょうか!?

 

長文のメールは、簡潔に内容を知りたい相手にとっては逆効果であるし、重荷になってしまう可能性があります。

また、あれもこれも伝えたいというように、自分の気持ちばかりを優先し、自己中心的な内容になってしまうと、相手の心には響きません。

 

直接、目の前で会話していないにせよ、

メールも相手との言葉のキャッチボールです!

そのため、

相手のペース(文章の長さや書き方)に合わせることが、共感を生み、親近感を抱いてもらうことに繋がるのです!

 

具体例を出すと、「はい」「わかった」などのシンプルな文章だが、質問されたことには、きちんと返事をくれる相手がいるとする。

そんな相手に、貴方は絵文字や顔文字の多く入った長文で、質問メール送り続けていたとする。

 

このような場合、相手の心情はどうでしょう・・・

 

そもそもメールが苦手で面倒くさいと思っているかもしれないし、忙しいなどの理由で、貴方に今はあまり関心がないからかもしれない。

恋は盲目と言うが、一生懸命、心を込めて送っているメールのはずが、相手の気持ちを考えず、自分よがりの内容になってしまい、逆に相手からの印象が悪くなってしまう原因にもなりかねません。

 

そんな相手には、一層のこと、メールというコミュニケーション手段ではなく、電話でコミュニケーションを図ったほうが良い場合もあるでしょう。

 

ただ、どうしてもメールでコミュニケーションを図りたいというのであれば、相手が興味持っていることを文章に含ませることが、メールラリーを続けるのには効果的でしょう。

人間は興味がある話題とそうでない話題だと、反応が変わってきます。

自分が話したい内容ばかりではなく、相手の興味のあることを織り交ぜることで、相手からの印象を良くするとともに、返信が早くなる可能性にも繋がるでしょう。

 

現在、ほとんどの方が携帯電話。もしくはパソコンで、メールを送ったことがあると思います。

コミュニケーションをとる手段として、電話や手紙に変わり、メールは最も代表的なものになっているのではないでしょうか。

とくに、LINEが普及してから、送った相手が文章を読んだか確認できる既読機能のおかげで、連絡手段として、さらに便利さが増したのではないかと思います。

 

ただ便利になり、気軽に相手と連絡ができるようになった反面、メールでの文章。つまり、言葉によって相手に誤解を生んだり、不快な思いをさせてしまうことも増えてきました。

 

そんなつもりで言ってないのに・・・こういう経験はあるでしょう。

 

直接会って話しているわけではないので、顔の表情もわからない。

電話で声を聞いているわけでもないため、声のトーンもわからない。

そのため、メールでは、言葉のニュアンスなどが100%相手に伝わりづらいものです。

 

今回、「異性に送るメール時の注意点!」というテーマでお話をしましたが、大前提にあるのは、

メールを送る相手に対して、思いやりの気持ちを持つことが大事ということです!

その気持ちを忘れないようにして、メールを送ることを心がけてください。

気軽さ故に忘れがちとなりますが、相手の気持ちを考え、貴方の言葉で文章を書けば、きっと相手へ貴方の気持ちが届くはずです。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。