相手によって対応は変えること!

 

 

今回は「相手によって対応は変えること!」というお話です。

 

「人は人、自分は自分だから・・・」と、ありのままの自分を受け入れてくれる人がいいと考える人もいるわけですが、相手が自分に惚れている状態でもなければ、根本的には、人によって対応を変えていったほうが、相手から好かれる確率だって高くなると言えるでしょう。

この理由としては、そもそもとして、人は環境が変わることであったり、経験を得ることで、自分の考えや行動も変化をしていくものなのです。

 

ですから、

それが正しい、それが全てだと思っていたことであっても、新しい環境や新しい経験を積むことで、その考えも変わっていくことだって多いものですし、何より、その場に合わせて柔軟に対応したほうが、上手くいくことだって少なくありません!

 

婚活や恋愛の場面でも、自分がタバコを吸わないので、相手もタバコを吸ってほしくないと、このように考えている人だって多いものです。

そんな時に、「タバコを吸う人なら諦めよう」、同じように相手だって、「タバコを止めろという人は嫌だ」というように、お互いが自分の主張を曲げなかったとすれば、すぐにその恋だって終わりを迎えてしまうわけです。

 

けれど、「タバコを吸う人は嫌だけど、まずは会ってみよう」と、柔軟に対応してみることで、実際に相手と会ったら、お互いに意気投合して、相手が禁煙をしてくれるかもしれませんし、一緒にいる時以外ならタバコを吸ってもいいと、自分の考えにも変化が生まれるかもしれません。

 

要するに、

これだけは絶対に曲げられないということがあるのなら、その部分は無理をする必要はありませんが、少しは柔軟に物事を考えてみたり、相手によっても自分の対応を変えてみることで、その後の未来が良い方向に進んでいくことだってあるわけです!

 

もちろん、

自分らしさを出すことが悪いわけではありませんから、そこは誤解のないようにしてほしいのですが、多少なりとも、相手に合わせようとする気持ちを持つことや、相手のことを理解しようとする姿勢がなければ、相手からも信頼されることがないので、注意するようにしてくださいね!

 

結局は、どちらか一方だけがワガママを言う状況では、円満な関係が続いていくことも、交際や結婚に繋がることもないので、婚活や恋愛の際には、よく肝に免じておきましょう!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。