今回は「相手に不満があるということは・・・!」というお話です。

 

冒頭ですが、最初にお伝えしておくと、

相手に不満があるという場合、同じように、相手もあなたに対して不満を抱えているということだって少なくありません!

 

そもそも、夫婦関係でも恋人関係でも、いくら円満に進んでいると思っていても、不満や愚痴というのは出てくるものなのです。

もちろん、その不満や愚痴を表面化するかしないかは人によるわけですが、多くの場合、多少なりとも目をつぶっていたり、我慢をしているというわけです。

 

ですから、

些細なことにも関わらず、その都度その都度、毎回のように相手に不満を伝えたり、その不満の伝え方がケンカ腰のようになっては、相手からしてみれば、「こっちだって我慢してるんだから」と、ケンカに発展しかねないのです!

 

ただし、だからといって、不満が溜まっているのにひたすら我慢をしてくださいというわけではありませんので、勘違いしないようにしてくださいね。

なぜなら、お互いに我慢を続けたところで、何も問題解決にはなりませんし、最悪の場合、相手との関係が終了してしまうことだってあるからです。

 

要するに、

相手に不満を伝える際には伝え方も重要で、感情的な状態ではなく、一呼吸置くなどして落ち着いた状態でなければ、冷静な話し合いができず、結局は、お互いにさらに不満が募ってしまうことだってあるというわけです!

 

決して、相手に不満を伝えることは悪いことではありませんが、伝えるタイミングや伝え方を間違えてしまうと、一気に相手との関係性が崩れてしまうことだってあるので、よく注意するようにしてください。

大事なことは、自分の気持ちだけで不満を伝えるのではなく、相手の気持ちをきちんと考えた上で、お互いに歩み寄れるポイントを見つけることなんですから!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。