今回は「相手に伝えられることは一つだけ!」というお話です。

 

婚活・恋愛の場面に限った話ではありませんが、大事な要件を相手に話す際に、「一から十まで相手に伝えなければ・・・」と考え、あれやこれやと複雑に言葉を並べてしまい、その結果、相手に上手く内容が伝わっていない・・・なんて経験をしたことはないでしょうか!?

 

当たり前の話ですが、

伝える内容が複数に別れている場合や、その内容が複雑になればなるほど、人の記憶には残りにくく、理解しづらくなるのです!

 

そもそも、

短い会話の中で相手に伝えられるメッセージは一つが限界です!

 

ですから、伝えたいことが複数あるのなら、まず、伝えたいことを一つ話し終えてから、次のテーマを話しだすことが重要になってきます。

 

また、相手に内容を理解してもらうためには、

「相手に何を伝えたいか」、さらには、「伝えたことによってどうしてほしいか」を明確にする必要があるのです!

 

よくありがちなのが、こちらからのメッセージは伝えるけど、それによって、相手にどうしてほしいかを伝えず、相手からすれば、「結局、どうしたらいいかわからない・・・」と、困惑してしまうパターンです。

そうなってしまっては、こちらはしっかりと伝えた気になっているけど、相手は内容を全ては理解できていないという、いざこざを生む原因となってしまうので注意が必要なのです。

 

恋愛時にも、好きな相手や気になる相手には、色々と伝えたいことがあったりするものです。

けれど、慌てて詰め込んだ内容を話しても、相手は話の内容を理解することが難しくなり、円滑にコミュニケーションがとれない原因となってしまうので、伝えたいメッセージは一つずつ、落ち着いて話すことを心がけてくださいね。

欲張らず話していくほうが、相手にも伝わりやすいですし、何より相手との関係性も構築しやすくなるはずです!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。