今回は「相手に好かれたいなら、肯定・同意を!」というお話です。

 

「あっ、この人と気が合うなぁ~」、「なんか好きだなぁ~」と感じる相手には、どのような特徴や共通点があるかご存知でしょうか!?

その答えは、自分と似ていたり、同じような感性を持っている相手、もしくは、自分のことを認めてくれる相手のことです。

 

そのため、

相手から褒められて嬉しい気持ちになるのも、自分の行動や考えに肯定や同意してくれていると感じるからです!

そして、嬉しい気持ちになるからこそ、相手に好感が湧くというわけです。

 

ですから、

相手に好かれたい場合には、興味のない話題や嫌いなことでも、「肯定する」ことや「同意する」ことが重要となってくるのです!

 

例えば、相手から、「最近、○○って歌を聴いたんだけど、すごく良い歌だよ!」と言われた時に、あなたはその歌を知っていて、あまり良いと思っていなかったとします。

そんな時に、「えっ、私は全然良いと思わなかったけどね・・・」なんて答えてしまうと、相手はいい気はしないだろうし、そこで話も終わってしまうことでしょう。

 

それなら、例えあまり自分が良いと思っていなかったとしても、「ボーカルの声がいいよね!」だったり、「曲調が良かった!」と話すことができるなら、きっと、その後の会話も大きく広がっていくはずです。

 

要するに、

最初から否定したり、反対意見を述べてしまっては、場の雰囲気はおろか、相手の気分までも害してしまう恐れだってあるのです!

 

それとは逆に、相手の話をプラスの方向に持っていけるようなら、相手も気分が良くなり、また、あなたにも好感を持つようになるはずです。

 

そもそも、自分と同じ考えや似たような好みという相手は、そう多くはありません。

だからこそ、

自分の好き嫌いだけではなく、相手の行動や考えを尊重し、理解しようとする心を持つことが、相手から好かれ、良好な人間関係を構築していくために大事なこととなってくるのです!

 

「気になる相手や好きな相手の良い所を探して褒める・・・」と考えたら、少し大変だなと思う人もいるかもしれませんので、まずは、相手の話に「肯定」・「同意」するということにチャレンジしてみてください。

これだと難しくないですし、何より、そうすることで、「自然と相手との距離が近くなっていた」ということだって、あるかもしれませんよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。