今回は「相手の学歴や職業が気になる人へ!」というお話です。

 

未だに日本では、大卒以上でなければ雇用しないなど、人を評価する際に学歴に過度に比重が偏ってしまう、「学歴主義」であると言われていますよね。

もちろん、昨今では能力や実力で評価される機会も増えている状況ではありますが、それでも、学歴を重んじる風潮というのが、まだまだ残っています。

 

ちなみに、高学歴な人ほど優秀な人材が多いというデータもあるわけですし、個人的にも思うこととしては、本人の努力があってのものなわけですから、学歴主義の全てが悪いとは言えないでしょう。

 

ただし、分かっておかなければいけないこととして、

あくまで学歴というのは、その人物の数あるステータスの中の一つにしか過ぎず、学歴が高いからといって、目の前にいる人物が優秀であり、素晴らしい人格の持ち主ということではありません!

 

そもそも、「異性にモテる」=「顔が良い」ということではないように、「勉強ができる」=「頭が良い」ということではないですよね。

なぜなら、勉強はできるけれど、状況判断も悪く、気転が利かなかったり、人間関係の構築が苦手であれば、社会に出た際に、上手くいかないことだって多いからです。

 

また学歴と同様に、

職業や就職している会社のネームバリューで人を判断してしまうこともありますが、憧れのある職種や、誰もが知ってる会社で働いているからといって、その人自身の全ての魅力が高まるわけではないのです!

 

たまにですが、婚活や恋愛の場面でも、相手の学歴や職業にこだわりが強い人がいらっしゃいます。

当然、個人の価値観のひとつですから、否定するつもりはありませんが、純粋にその人自身を見ることができなければ、学歴や職業に関係なく、自分と合う素晴らしい相手がいたとしても、気づけないまま終わってしまうかもしれません。

 

要するに、

相手の学歴も職業も、人格や全ての能力とは関係なく、相手の本質を見ることができなければ、交際や結婚に発展したとしても、「想像していたのとは違った・・・」と、後悔してしまうことに繋がりかねません!

 

自分にとっての幸せを何なのかと考えた時に、相手の学歴や職業が良いことが幸せに直結することではありませんから、その辺りはよく考えて、婚活や恋愛に臨んでみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。