相手の怒りを鎮めるには時間が必要な場合も・・・!

 

 

今回は「相手の怒りを鎮めるには時間が必要な場合も・・・!」というお話です。

 

交際相手や、気になる相手と、些細なことが原因でケンカをしてしまうことがあると思います。

そんな時、

お互いが冷静に、且つ、自分に非がある部分は素直に謝ることができるなら、ケンカをしてもすぐに仲直りすることができるでしょう!

 

ただし、どうしても納得ができなかったり、積み重なった怒りが爆発した時などには、冷静さや素直さが持てなくなり、すぐには相手を許す気になれないという場合だってあるわけです。

ですが、そんな状態が続けば、相手との仲は悪くなる一方ですから、その相手と今後も付き合っていきたいのであれば、早急に仲直りする必要があると言えるでしょう。

 

けれど、

仲直りしようと相手に持ちかけても、相手が冷静な判断ができない状態だったり、素直な気持ちになっていない場合には、逆効果になる場合だってあるので、注意が必要なのです!

 

具体的には、お互いの気持ちを話そうと試みても、相手からさらに文句を言われ、結局、言い合いに発展してしまったり、一方的に、こちらが悪いと決めつけられ、態度を軟化することがなかったり・・・。

 

そもそも、ケンカというのは、どちらかに100%非がある場合は、そこまで長く揉めるケースは少ないのです。

なぜなら、

100%自分が悪ければ、悪かったことを自覚し、過ちを認め、相手に謝るほかないからです!

 

ですから、ケンカをして仲直りまでの時間がかかる場合には、どちらにも少なからず原因があることが多いというわけです。

また、当たり前ですが、双方に非があるのに、「相手のほうが悪い」、「自分はあまり悪くない」と言いだしたら、事が収まることには繋がらないでしょう。

 

では、なかなか相手の怒りが鎮まらない場合はどうするべきか・・・!?

その答えは、

相手の怒りが鎮まるまで、思い切って、「何も連絡をとらない」、「接触もしない」というように、時間を空けてみることも大事なことなのです!

 

ケンカをしてしまうと、モヤモヤする気持ちが心に残り、相手と仲直りしてスッキリしたいと考えるのは当然のことです。

そのため、なんとかしようという焦りから、相手が冷静な判断できないにもかかわらず、行動だけが先走ってしまい、上手く仲直りできていないケースも多いのです。

 

それなら、モヤモヤする気持ちを我慢して、一晩明けた翌日など、自分も相手も少し気持ちがリセットされた状態で、仲直りを試みたほうがスムーズにいく可能性も大きいというわけです。

 

「時間が解決する」という言葉がありますが、まさに、時間が経つことによって、怒りが軽減され、冷静な判断や素直な気持ちを持てるようになることだってあるというわけです。

婚活・恋愛時に相手とケンカをしてしまい、相手の怒りが鎮まらない場合には、ぜひ、実践してみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメントを残す