今回は「相手の本性が見える瞬間!」というお話です。

 

正直、自分が好きになった相手に対しては、誰だって気遣いをしたり、思いやりを持って接するわけですが、仮に上辺だけであっても、相手からは優しくされたほうが嬉しいと思うのは間違いないでしょう。

けれど、上記のことは交際や結婚する前の段階の話で、いざ、自分のパートナーにしたいと思う相手には、上辺だけでなく根が優しい相手を求めたり、さりげない気遣いができる相手を選びたいと思うはずです。

 

ただ、相手の本性というのは、同じ時間を共有していくことで、初めて分かることだって多いですし、何よりも、出会ってすぐの好きという気持ちが高ぶっている時ではなく、好きという感情がある程度落ち着いてきた頃に、ようやく垣間見えるということだって少なくありません。

 

要するに、

無意識の場合は別として、好きになった相手から嫌われる可能性があるような言動を取る人はいないのですから、ほとんどの人が、好きな人の前では自分の本性をさらけ出すことなく、ある程度の関係性が築けるまでは、猫をかぶるのも当然といえば当然のことなのです!

 

分かりやすく例を挙げるなら、本当は何かとルーズな人でも、好きになった相手との初デートとなれば、いきなり遅刻してくるような人はそうそういないことでしょう。

しかし、何度かデートを重ねていくと、少しずつ時間に遅れるようになってきたりと・・・、一緒にいる時間が長くなっていくことで、だんだんとルーズさが見えてくる相手というのも、途中からルーズに変わっていったのではなく、単純に元からルーズな性格だったと言えるでしょう。

 

このように、

最初はいいなと思っていた相手であっても、本性がだらしなかったり、あまりにも酷い部分が多ければ、一気に冷めてしまう人もいるわけですが、なかには、付き合いが長くなり、相手に情が出ている場合には、自分の気持ちも不確かなまま、付き合いを継続することだってあるのです!

 

もちろん、情で付き合うことの全てが悪いとは言いませんが、相手に他に好きな人ができたとなれば、急に態度が冷たくなったりするなど、結局は、「もっと前から別れておけばよかった」と、後から後悔してしまうことだって多いのです。

ですから、なるべくなら相手の本性というのは、早い段階で分かっておくほうが良いですし、時間が経過すればするほど、相手の本性に幻滅したとしても、別れられないことがあることを理解しておきましょう。

 

では、そうならないようにするためにも、相手の本性を見抜くためにはどうしたらよいか!?

 

それは、

突発的なことが起きた時や、ピンチを迎えた時など、自分に余裕がなくなった時に本性は出てしまうと言われていますから、相手が忙しい時や余裕がない時の言動こそ、よくチェックするようにしてください!

 

具体的には、仕事が忙しい時に、自分にではなくとも、同僚や後輩に当たっているなど、第三者に対しての接し方が悪ければ要注意ですし、相手からの誘いを断るなど、相手の思い通りにならなかった際に、態度が一変することなどあれば、気をつけておく必要があるでしょう。

つまり、相手の本性が見える瞬間というのは、自分以外の人への接し方で分かることもあれば、相手が追い込まれた時に分かることだってあるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。