今回は「相手の話は手を止めて聞くことで・・・!」というお話です。

 

作業中、食事中・・・など、何かをやっている最中に、話しかけられることはよくあると思います。

そんな、

自分が何かやっているタイミングで話しかけられた時に、相手が興味のない人だった場合には、わざわざ手を止めて話を聞くことはしないはずです!

逆に言うと、

話しかけられた時に、手を止めて話を聞く場合には、少なからず相手に興味がある、もしくは、相手の話題に興味があることでしょう!

 

そして、この「相手の話を手を止めて聞く」ということは、実は、離婚率にも関係しています。

具体的には、

お互いの話をよく聞く夫婦は離婚率が低いのです!

これは、アメリカの心理学者「ジョン・ゴッドマン」が研究で発表しているのですが、実際に、10回のうち9回手を止め相手の話を聞く夫婦は、3回しか手を止めない夫婦と比べ、圧倒的に離婚率が低いそうです。

 

結局は、

手を止めて会話するということは、話している側からすれば、自分に心を開いてくれているという喜びを感じることができ、聞いている側も真剣に相手の話に耳を傾けることで、会話のキャッチボールを上手く続けることに繋がるため、お互いの関係性の向上に繋がるのです!

 

「手を止めて話を聞く」ということは、一見簡単そうですが、案外できていない方が多いです。

そして、できていない人が多いということは、あなたが意識して、相手の話を手を止めて聞くことで、他の人よりもしっかりと自分の魅力を相手にアピールできます。

 

忙しい時などは、慌てて忘れがちになりますが、そんな時こそ、落ち着いて、手を止めて話を聞くようにしてみてください。

結婚している、していないは関係なく、相手と良い関係を築いていくには、大事なこととなるはずです!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。