今回は「相手の領域となる場所でのマナーについて!」というお話です。

 

綺麗好きか、そうでないかに限らず、ここは自分の領域だと感じる場所って、誰しもが持っていると思います。

具体的には、自分の家や自分の部屋、さらには、マイカーの車内や会社の自分のデスクに至るまで、他人から勝手に汚されたり、その場所を批判されれば怒りが湧いてくることだってあるでしょう。

 

そんな、自分や相手の領域での言動に関してですが、恋愛の場面でも、常識的なマナーを心がけておかなければ、いつの間にか相手の気分を害してしまうことだってあるわけです。

例を挙げるなら、いいなと思う相手からドライブデートに誘われ、相手の車に乗せてもらったとしましょう。

 

その際に、緊張がほぐれ安心したからと、自分の車の中にいるかのような振る舞いをしたり、また、うっかり忘れてしまった場合であっても、ゴミを置きっぱなしで帰ったとしたら、相手は口には出さないかもしれませんが、いい気分にはならないはずです。

他にも、車内に置いてある物を勝手に触ったり、自分と好みが違うからと、そこに置いてある物にケチをつけていては、相手からの印象が悪くなるだけだと言えるでしょう。

 

要するに、

相手が大事にしている領域というのは、その相手の人間性や価値観が色濃く反映されている場所であり、その場所で雑な行動を取ったり、安易に否定しては、相手自身をも傷つけることだと理解しておく必要があるでしょう!

 

ですから、

相手の領域となる場所での、最低限のマナーさえも守れないのは論外であり、仮に悪気がなかったとしても、相手が不快に思う言動を取ってしまえば、最悪の場合、嫌われてしまうことにも繋がりかねません!

 

実際、自分が大切にしているものをぞんざいに扱われたり、自分が好きなことを否定されれば、嫌な気持ちになるのは当たり前のことですから、自分に置き換えて考えれば分かることだと思います。

 

つまり、

自分がされて嫌だと思うことは、当然相手にもするべきではないですし、自分と価値観が違う場合でも、相手を尊重する気持ちを持たなければ、相手との関係性はギクシャクしてしまうでしょう!

 

このことをしっかりと理解し、婚活や恋愛に臨まなければ、せっかく良い関係を築けている相手がいたとしても、一つの振る舞いのせいで台無しになってしまうかもしれませんので、よく肝に免じておくようにしてくださいね。

ちなみに、相手から好かれたいのであれば、相手が大切にしているものや、相手が好きなものを、自分も同じように大切にしたり、好きになることがポイントかもしれませんよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。