今回は「相手を貶すのは、基本的にNG!」というお話です。

 

誰だって人から文句を言われたり、注意されることよりも、褒められたり、感謝されることのほうが嬉しいのは当たり前です。

ましてや、相手から貶されるようであれば、良い印象は持たないことでしょう。

 

ちなみに、恋愛の場面でいえば、自分に自信がなく、相手に変な期待を持たせまいと、「私、本当に不細工だから・・・」、「私、太ってるから・・・」など、会う前や会ってすぐに、ネガティブな発言をする方も少なくありません。

ただし、多くの場合、ネガティブな発言を受けた側からすれば、ただ単に、返事に困ってしまうということは理解しておく必要があるのです。

 

そもそも、「私、不細工だよ!?」→「あっ、本当に不細工ですね」、「私、太ってるよ!?」→「太ってますね」と、仮にそう思ったとしても、このように、なかなかストレートに口に出す人は少ないのですから、その発言自体、そこまで意味があるとは言えないでしょう。

 

また、上記のように、自分が相手から同意を求められているような状況だったとしても、

相手を貶すことは、同時に、相手を傷つけてしまうことになるわけですから、相手から嫌われたいとでも思ってなければ、どんな場面でも、貶すことは避けたほうがよいのです!

 

よく、本音で相手と接したほうが良いとも言われますが、実際には、いつでも、どんな状況でも、本音だけが良いとはかぎりません。

 

特に恋愛の場面の、それも、

交際に発展する前の段階であれば、「この人となら楽しい時間を過ごせそうかな・・・」というように、お互いに相手を見極めている状況となるので、尚更、本音で相手を傷つけてしまうことよりも、相手に不快な思いをさせないことのほうが大切なのです!

 

要するに、

相手を貶したり、否定するといった、ネガティブな言動というのは、相手と信頼関係が成り立ってからじゃないと、マイナスにしか作用しない恐れだってあるわけです!

 

ですから、「私、不細工だよ!?」と言われれば、「そんなことないと思うけど」と返したり、「私、太ってるよ!?」と言われれば、「いやいやいや」と、上手く濁すことも重要なのです。

わざわざ嘘をつく必要はありませんが、自分はそのつもりじゃなくても、下手に相手を貶してしまっては、相手から嫌われてしまうことだってあるので、注意するようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。