今回は「突然の別れなんて、ほとんどない!」というお話です。

 

付き合っている恋人から、突然別れを切り出された経験がある方も少なくないと思います。

ただ、実際のところ、

突然別れを切り出されるというのは稀なことで、ほとんどは、「今まで許していたことが我慢の限界に達した・・・」など、積もり積もった不満が爆発している場合のほうが多いのです!

 

要するに、

突然に感じてしまうのは自分の見解なだけで、相手からすれば突然のことでも何でもなく、必然の場合だってあるわけです!

 

よくある話で、自分は「からかっているつもり」だったけど、相手は「いじめられていた」と受け取るようなケースだって、結局は、相手のことを理解しようとしていなかったから、相手の気持ちに気づけていないだけです。

 

たまに、このように話すと、「嫌だったら嫌」と言えばいいのに・・・と言う人もいますが、これも自分の都合の良いように解釈しているだけで、寧ろ、今まで我慢していた相手に感謝するべきだし、何より相手の気持ちを分かっていなかった自分を恥ずべきなのです。

 

基本的に、

一緒にいて心地良いと思える相手でないと、交際や結婚は長く続きません!

また、今までは環境も違う他人だった二人なので、行動や意見、考え方が違うのは当たり前のことなので、心地良い関係になるためには、相手に配慮することが必要なのです。

 

ですから、相手がどんな気持ちを抱いているかなど、相手に寄り添う心がなければ、自分のことしか考えられない、ただの自己中となってしまいます。

そうなってしまっては、別れを切り出されるのも時間の問題・・・という場合だってあるのですから、注意してくださいね。

 

普段からの不満の蓄積によって突然別れを切り出されることもあるというお話でしたが、反対に、日々の積み重ねによって、相手から好きになってもらえる場合だってあるのですから、「塵も積もれば山となる」ということですよ!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。