今回は「結婚相談所への入会の年齢制限に関して!」というお話です。

 

結婚相談所へ入会されている会員の年代別の割合ですが、日本結婚相談所連盟で言えば、30~40代が最も多く全体の約80%、50代が約10%、そして、60代以降は5%未満になっています。

これは、考えてみても分かる通り、

結婚を強く意識する年齢の多くが30~40代であること!

また、

年齢が上がるにつれ、結婚への様々なハードルがでてくるからです!

 

具体的には、晩婚化が進んでいるとはいえ、年齢が高い女性であれば、結婚して子供を作ると考えた時に、高齢出産のリスクが出てきます。

そのため、年齢の高い女性は、「結婚して子供が欲しい」と考えている男性からのアプローチが減ってしまうのです。

 

他にも、男性が気になっている女性が2人いたとして、容姿・内面・環境・経済力などの面も、どちらの女性も申し分なく、優劣がつけられず悩んでいたとします。

この場合、最終的に明暗を分けるのが年齢であること。

なぜなら、男性の多くは、年齢が若い女性を好きであることがほとんどだからです。

 

一方、年齢が高い男性も同じく、ハードルはあります。

例えば、定年退職が近い男性であれば、定年退職後には安定した収入が見込めるのか・・・など、女性は経済力の面で不安を覚えます。

もちろん、資産があるなど、経済力豊かであれば、引く手あまたの状況になるかもしれませんが、そうでなければ魅力は半減するかもしれません。

 

また、最近では、年上女性との結婚も増えているとはいえ、今でも、男性が年上で女性が年下の結婚のほうが、はるかに多い状況です。

そして、男性の結婚の年齢が50代、60代と高ければ、女性は幸せな結婚生活だけでなく、老後や介護の不安も考えてしまうのです。

育児と介護のダブルケアという状況になったとすれば、体にも心にも負担がかかってしまいますからね・・・。

 

ここまでの内容で、少し嫌な気持ちや不安な気持ちになる方がいらっしゃったら、申し訳ございません。

それだけ、年齢が高くなってからの婚活というのが、難しいという認識を頭に入れてほしいからです。

 

特に、

年齢が高い方の婚活時に一番辛い状況というのは、やる気を出して臨んでいるにもかかわらず、一向に結果がついてこない時です!

元々、ハードルが高いとわかった上で婚活に臨んでいたとしても、目に見える結果が出なければ、人間は不安になるものです。

さらに言えば、結婚相談所での活動は、無料ではなく、お金がかかります。

それなのに、何の成果も出ない状況だと、婚活疲れや婚活ストレスに陥りやすくなってしまうのです。

 

結婚相談所での活動は、お金が発生するからこそ、その対価に見合うものを提供できない恐れがあると考えた場合に、年齢制限を設けていることがあるというわけです!

 

今回は、かなり厳しいお話を書きましたが、実際、日本は超高齢化社会です。

今後は、結婚の平均年齢はおろか、婚活を希望される年齢も上がってくることが予想されます。

どんなときでも、諦めない心を持ち、行動して続けることが、自分自身の未来に繋がっていきますので、皆さんも肝に免じて活動してみてください!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。