今回は「自分の理想と他人が抱くイメージの違い!」というお話です。

 

誰しもが、「自分はこうなりたい!」という、理想のイメージを持っていると思います。

具体的には、自分が好きな有名人のような外見になりたいと考えていたり、また、有名人じゃなくとも、憧れているキャラクターがいて、そのキャラクターのような性格になりたかったりと。

 

実際のところ、

明確な理想像がある場合、その理想をイメージしながら行動することで、自然と自分自身もその姿に近づいていくと言われています!

 

そのため、好きな有名人の服装や仕草を真似してみたり、好きなキャラクターの喋り方を真似してみることで、個人差はあるものの、多少なりとも、自分が考えている理想に近づくことは可能なのです。

 

ただし、ここで注意しておかなければいけないことは、

自分本来の姿が、理想に思い描いている人物と、あまりにもかけ離れている場合、他人が抱くイメージは、ネガティブな印象となる場合だって少なくないということです!

 

例を挙げるなら、「安室奈美恵」に憧れていたとしても、現実の自分の姿は、「磯山さやか」に似ているとしたら、目指すべきポイントが少しズレているのは、なんとなくでも分かるはずです。

同じように、「菜々緒」のようなスタイルに憧れていたとしても、自分自身が、「橋本環奈」のような体型だったら、これもまた、目標とするものが違うというのは言うまでもないでしょう。

 

要するに、

服装と同じで、自分の理想の姿にも、人それぞれ似合う、似合わないがあって、自分が良いと思っていたとしても、それが周りからの評価に繋がらず、寧ろ、マイナスのイメージだったとしたら、ただの痛い人で終わってしまうかもしれないのです!

 

結局は、自分のことを客観視できていなければ、自分磨きに励んだところで、良い評価になることはないというわけです。

 

婚活や恋愛に臨む際にも、自分自身の理想や好みよりも、相手から見られた時に、自分が一番輝いて見える格好や行動を取ることが、相手からの好感度も上がることとなるので、このことは肝に免じておいてくださいね。

一番重要視しないといけないことは、相手が自分に抱くイメージを少しでも良いものにすることですから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。