今回は「褒める場合には、とってつけたお世辞は不要!」というお話です。

 

人間誰しもが、人から褒められると嬉しくなるものですが、あまりにも現実とかけ離れていることを褒めたり、大袈裟に褒め過ぎると、かえってハードルが高くなってしまいます。

恋愛時でも、初対面で会った相手や気になる相手に対して、好かれようと思う一心で相手を褒めることは悪いことではないですが、だからと言って、やみくもに相手を褒めればいいというわけではありません。

 

なぜなら、

思いつきなどで伝える、とってつけたお世辞は失敗に繋がってしまうからです!

 

ちなみに、なぜ失敗する恐れがあるかと言うと、

何も考えずに自分が良いと思ったことを、そのまま口にしてしまうと、相手からしてみれば、皮肉や嫌味と捉えられてしまうことだってあるからです!

 

具体的には、初対面で会った異性が、かなり強い癖毛だったとして、「それって、パーマじゃなく地毛ですか!?わざわざパーマしなくても良いからいいですね!」と、本人は褒めたつもりで伝えたとします。

けれど、相手は昔から癖毛に悩んでいて、マイナスに捉えていたとしたら、褒められたという気はしないどころか、バカにされていると思ってしまうかもしれません。

 

他にも、ドライブデートに相手がオンボロの車に乗ってきた時に、「歴史を感じさせる味のある車ですね」などと伝えたら・・・答えは言わなくともわかることでしょう。

 

要するに、

明らかにマイナスの事柄や相手が自信がない部分に関しては、敢えて褒める必要もなく、そもそも、ふれなくてよいのです!

 

それとは逆に、カッコいい人には「カッコいい」と、可愛い人には「可愛い」と伝えるのは問題ないので、ドンドン伝えて行きましょう。

よく、「美人は外見を褒められ慣れているから、内面を褒めたほうが良い」と書いてあったりもしますが、自分が自信がある部分を褒められて嫌な気になる人はいないので、言われ慣れていたとしても、この場合は、褒めたほうが効果はあるはずです。

 

色々とお話しましたが、自分が感じたり、思ったことに関して、相手を褒めることはすごく良いことですし、何より相手の良い部分を見つけることで、必然的に、相手との距離が近づいていくはずです。

ですから、婚活・恋愛時には、勇気を持って相手を褒めることを心がけてくださいね。

 

ただし、間違っても、「相手に気に入られたいから・・・」など、余計な下心があってやみくもに褒めるのはNGです。

心にも思っていない、とってつけたお世辞では、きっと、ボロが出て墓穴を掘ってしまいますから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。