今回は「見栄を張ることの落とし穴!」というお話です。

 

年齢を重ねていくにつれ、すぐにでも結婚したいという気持ちとは裏腹に、周りの人から、「妥協したと思われたくない」と、見栄を張るケースも少なくありません。

具体的には、今まで付き合った人よりもカッコいい(可愛い)人と結婚したい、年収や学歴が高かったり、大手企業に勤めている人と結婚したい・・・と、このように、少しでも良い相手に巡り逢うことを熱望しているケースです。

 

もちろん、

理想を高く持つことは悪いことではありませんし、妥協するのが良いことだとも思いませんが、見栄を張ることには落とし穴も存在するのです!

 

例を挙げるなら、「夫婦仲良く安定した生活を送ること」を理想としていた人が、候補者の中から、「どうせなら年収が高い相手がいい」と、大手企業に勤めている相手を選んだとしましょう。

 

一見、大手企業に勤めていたら、生活も安定するだろうと安心するかもしれませんが、実際のところ、パートナーが転勤することだってありえる話です。

そんな時に、「引っ越しはしたくない」、「今の生活を変えたくない」と嘆いたところで、どうすることもできませんし、最悪の場合、夫婦の危機を迎える危険性だって出てきてしまいます。

 

要するに、

周りの目を気にして見栄を張ってしまったがために、自分の一番の幸せを見失ってしまい、後悔してしまうことに繋がる恐れだってないとは言い切れないのです!

 

ですから、

自分の見栄やプライドばかりを気にしていては、本質の部分である、結婚後の生活やパートナーとの関係性が上手くいかず、不幸せな状況に陥ってしまう可能性だってあることを肝に免じておくべきでしょう!

 

何事もそうですが、けっして楽しいことばかりが続くわけではなく、もしかしたら、辛いことや悲しいことが起きることだってあるかもしれません。

そんな時に、「あなたが一緒なら乗り越えられる!」と、心から信頼できるパートナーが傍にいることが、何よりも心強く、一番の幸せを感じることができるのではないでしょうか!?

 

結局は、顔の良し悪しや、年収が高い低いことよりも、自分自身が納得できる相手に巡り合えるかどうかが、幸せな結婚生活を送るためのポイントになると思いますので、変に見栄を張るのではなく、自分の心に素直になるように心がけてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。