今回は「視野を広げ、相手の気持ちを汲み取ることが大事!」というお話です。

 

少し余談ですが、サッカーの試合をTVで観ていて、「なんでそっちにパス出すの?」「こっちにパスしたほうが接待良かったのに!!」とツッコミたくなることってあると思います。

ですが、実際のところ、TVで観ているピッチの全体を観れる景色と、プレーしている選手が見ている景色では全く異なるものなのです。

 

選手の中で俯瞰的(ピッチを上から眺めているかのように見ることができる)広い視野の持ち主というのは、そう多くはありません。

そのため、大半の選手が場合によっては、ミスに繋がるプレーを選択してしまったり、より良い選択をするのができない時もあるというわけです。

 

前置きが長くなりましたが、恋愛においても、この俯瞰的に見ることは大事なこととなります。

一応、言っておきますが、相手のことを正面からだけでなく、上からの視点でも見てくださいということではありません(笑)

恋愛時には、広い視野を持ち、客観的な視点で物事を考えることが重要なのです!

 

例えば、夫婦の間や恋人と、勘違いや誤解からケンカしてしまうことなどはあることです。

この、

誤解や勘違いというのは、片方の一方的な見解や感情から生まれることが多いのです!

 

特に、

怒ったり悲しんでいる時には視野が狭くなり、自分が見ている側面から感じた気持ちのみを押しつけてしまうなど、普段より余計に相手の気持ちを考えられなくなります!

そのため、冷静に相手の気持ちを考えれば真意がわかることでも、判断ができなくなるのです。

 

要するに、何か問題が起きた時こそ、自分の視点だけではなく、相手からの視点、また自分が第3者になったと置き換えた視点で物事を見ることが大事なことなのです。

そうすることで、より相手の気持ちやそこに隠れている事実がわかります。

 

そもそも、

結婚して共に生活していくとなれば、相手の気持ちを汲み取ることをしていかなければ、夫婦円満にやっていくことはできません!

ただ、そうは言ってもいきなりできるものでもないので、相手の立場になって考え、行動することは普段から意識して心がけてみてください。

それが、恋愛や結婚を上手く進めていくポイントとなり、自分自身のためにもなるはずです!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。