話し上手は聞き上手なの!?

 

今回は「話し上手は聞き上手なの!?」というお話です。

 

「話し上手は聞き上手」という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。

 

ちなみに、なぜ、このようなことが言われているのかというと、

聞き役として相手の話題を引き出すことが上手な人は、相手に多く話をさせることで、「この人との会話は楽しい」=「会話上手な人」という印象を相手に与えるからです!

 

具体例を出すなら、お笑い番組の司会者には、会話上手でいつも面白いことを言っているような印象を持っている人も多いはずです。

けれど、実際には、ゲストやひな壇に座っている芸人の話をしっかりと聞いて、必要なタイミングで上手くフォローやツッコミなどのアクションを起こしているのです。

 

また、そうすることで、自分が積極的に話さない聞き役であっても、その場を盛り上げる役割を果たし、聞き上手の真逆である、会話上手という印象を多くの人に与えているというわけです。

 

要するに、

話し上手と言われる人は、「会話の内容が面白い」、「饒舌」、「話題が豊富」ということだけではなく、聞き役として、相手の話を引き出すことに長けている人も含まれるのです!

 

そもそも、

会話をしていてつまらないと感じる相手は、こちらの話を聞こうともせず、自分の話ばっかりしていたり、こちらの話題に反応を示してくれない相手となります!

 

ですから、相手と仲良くなるために、会話を盛り上げたいのであれば、自分自身が話し手であろうが、聞き手であろうが、相手の反応を敏感に受け止めることができるよう、アンテナを張り巡らせておかなければいけないのです。

 

例を挙げるなら、自分が話している時に、相手が話についていけてなかったり、面白くなさそうにしているのであれば、話題を変えたり、自分の話は一度止めて、相手に話を振ってみたり。

相手の話を聞く時には、内容を理解しようとする姿勢を見せ、相手の話には、しっかりとリアクションを取るなど、相手のことを思いやる気持ちが大事なことなのです。

 

さらに言えば、

自分だけが楽しければいいというスタンスで会話は進めている人に関しては、話し手・聞き手のどちらの立場であっても、相手との会話が盛り上がることはないでしょう!

 

このことは、婚活や恋愛時の異性との会話でも同じことが言えるので、まずは、相手の話に興味を持って、アクションがあればリアクションを返すことにチャレンジしてみてください。

会話が苦手という方も、自分から話を切り出すのが難しくても、相手の話に反応することはできると思うので、最低限、それだけは忘れないようにしてくださいね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

コメントを残す