今回は「譲れない条件が多すぎると上手くいかない!」というお話です。

 

結婚相手を探すにあたり、顔や体型、性格の好み、そして、環境面などの条件が人それぞれあると思います。

もちろん、結婚相談所で相手をお探しいただく際も、検索条件を絞り込むことが可能です。

 

ただし、ご注意いただきたいのが、

自分の理想の相手だけを望めば望むほど、その条件に合う人数は少なくなります!

そして、人数が少なくなればなるほど、相手を探す段階から、次のステップの、会う段階にいく確率は低くなります。

 

そこで、相手の条件を考える時には、今のままでいいのかをよく考えてほしいのです。

 

例えば、年齢に関して、「30代まで」や「年下はNG」などの条件を決めている方がいらっしゃいます。

希望の条件としては、よくある話ですが、個人的に思うこと・・・39歳はOKで40歳になったばかりの方はNGなのか!?

また、年下の方でも、見た目・内面が大人に感じれる方はいらっしゃいます。そのような方も当てはまらないのか!?

 

相手の年収に関しても、「最低500万以上」などの条件を言われる方もいますが、現在は500万未満だったとしても、半年後に昇給して500万を超える相手もいるかもしれません。

それに、年収は少なくとも、資産を持っている方もいらっしゃいます。

少し幅を広げるだけで、可能性は広がるのに・・・と感じます。

 

他にもよくあるのが、「タバコを吸わない」「お酒を飲まない」相手というような条件。

ただ、相手の方があなたとお付き合いした後や結婚後に、禁煙を考えているとしたらどうでしょう・・・

 

このように、

今後、改善の余地がある条件というのは多々あり、柔軟に考えるほうが良いわけです!

 

実際に、結婚して生活していくとなると、理想だけではやっていけない部分も多くあるでしょう。

育ってきた環境が違う他人同士が一緒になるのですから、お互いに譲歩する部分がないと、うまくやっていけません。

それなのに、相手を探す段階で、あれもダメ、これもダメと決めつけているようでは、なかなかパートナーには恵まれないでしょう。

 

そうならないためにも、

譲れる部分や今後改善の可能性がある部分に関しては、相手に求める条件を広げることをオススメします!

どうしても、譲れない条件があるというのは、現在の状況や環境の影響で致し方ないことです。

ただ、譲れない条件が多すぎると、結婚から遠ざかってしまうということだけは、頭の片隅に置いておいてください。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。