今回は「過ちに気づいた頃には、時すでに遅し!」というお話です。

 

唐突ですが、人から嫌われて良い気分になる人はいないと思います。

それが、自分が好きな相手からであれば、尚更ショックを受けることでしょう。

 

ちなみに、考えたら分かると思いますが、相手から直接、「私、あなたのこと嫌いだから」と、面と向かって言われるケースなんて稀ですから、多くの場合、相手の態度の変化に気づき、自分が嫌われていることにも気づくわけです。

 

ただし、この場合、

自分では自覚がなかったけれど、相手の自分に対する態度の異変に気づいた時には、既に敬遠されていたり、完全に嫌われているということだって少なくありません!

 

ちなみに、相手から嫌われるケースとしては、一つの問題が原因で急に嫌われるということよりも、我慢の限界に達して嫌われることのほうがほとんどなのです。

そのため、口調が以前よりも冷たくなって、笑顔になることが減ったり、連絡の頻度が少なくなるなど、何かしらの拒否反応を相手が出しているにも関わらず、それを感じとることができなければ、気づいた時には、取り返しのつかない状況が待っているというわけです。

 

要するに、

相手に対する気遣いが欠けていることが原因で、結果的に、自分の言動から相手が不快に感じるといった、相手の微妙な変化にも気づけず、嫌われることに繋がってしまうのです!

 

ですから、

相手から嫌われないようにするには、相手のことを理解することはもちろん、自分自身が立場や場をわきまえ、相手との関係だって、しっかりと理解しておく必要があると言えるでしょう!

 

自分が自覚できていない状況で、相手の心が離れるのは、とても寂しく、恥ずかしいことなので、忘れないようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。