今回は「酒は飲んでも飲まれるな!」というお話です。

 

好きな相手や気になる相手とのデートといえば、食事であることがほとんどなわけですが、ランチではなくディナーを食べるとなれば、当然お酒を飲む機会だって出てくることでしょう。

そして、イチイチ言う必要もないとは思いますが、お酒を飲む場合、人に迷惑をかけてしまうような言動は絶対に避けなければいけません。

 

例を挙げるなら、酔いつぶれて吐いてしまったり、相手に対してもそうですが、見ず知らずの人に暴言を吐くなど、理性を失い迷惑をかけては、その相手との次のデートが訪れることはないのです。

 

ただし、少量しか飲んでいないにも関わらず、過度の緊張のせいや、体調も関係して、酔ってしまうことはあるものです。

そのため、そんな時に重要なことは、自分自身が少しでも酔っ払っていると自覚がある時点で、水をたくさん飲んだり、それ以上はアルコールを控えるなど、理性を保つための行動を心がけることです。

 

そもそも、

相手と打ち解けている状態ならまだしも、まだ仲良くなりきれていない状態の時には、お酒を飲むという行為がメインにくるのではなく、相手と仲良くなるということが、最大のテーマだということを忘れてはいけません!

 

ですから、

いくらお酒を飲んで楽しい時間を共有できているからといっても、飲み過ぎて失態を犯してしまっては、相手は不快な思いしか抱きませんし、それまで積み上げてきた関係性だって、一気に崩れ去ってしまうこともあるわけです!

 

要するに、

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉通り、お酒を飲んだからといって、気が大きくなったり、相手に対する思いやりが欠如しては、ただ単に、相手との関係が悪くなってしまうだけなのですから、そうなるぐらいなら、お酒を飲まないほうがマシなのです!

 

ちなみに、少々きついことを言いましたが、個人的には、お酒が飲める二人であれば、多少なりとも、お酒を飲みながら食事をすることは、相手との距離を近づけるために最適なことだと思っています。

なぜなら、ほろ酔い状態になることで緊張がほぐれ、会話が弾みやすくなったり、本音を伝えやすい状態にだってなるからです。

 

つまり、お酒は飲み方次第で良い効果を生んだり、反対に、悪い結果を招いてしまったりと、両極端の側面があるのですから、上手に付き合っていくことが肝心なことだというわけです。

婚活や恋愛の場面でも、一回のお酒のミスが悲劇に繋がることだってないとはかぎりませんから、十分注意するようにしてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。