今回は「香りの重要性を知り、異性を惹きつける!」というお話です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、人間が感じる「味」の8割は香りによるものです。

お袋の味というのも、その料理の匂いから、景色や記憶を思いだし、慣れ親しんだ味と感じているわけです。

 

難しい話をすれば、人間の脳の「大脳辺緑系」という場所が嗅覚機能と強い関係にあります。

ここでは、記憶が形成される際に、容易に認識されるような芳香が存在すると、記憶と芳香は結合され、同じ匂いは記憶の蘇りを促進させることになるのです。

 

要するに、

香りというのは、その時の記憶も強く心に残し、再度、その香りを嗅いだ時にも、その時の記憶を思い出させるという効果があるのです!

 

恋愛においても、この香りの効果をうまく使えば、相手に対し、より自分のことを意識させることができます。

 

例えば、あなたが普段から愛用している香水があったとして、相手はその香水の匂い=あなたという印象を持っていたとします。

そうなれば、あなたが目の前にいなくても、相手が街中でフッと、あなたが使っている香水の匂いを感じれば、あなたのことを思い出すことに繋がるでしょう。

匂いからでも、頭にあなたが思い浮かぶことで、相手の中にあなたという印象を、より意識させることができるのです!

 

人は会う回数やその人を思い出す回数が多くなればなるほど、好意を持つということがわかっています。

直接、会わなくても、香りから、あなたのことを相手に意識させ、思い出させることで、好感度は上がるのです。

 

ただ、匂いに関しては、注意点もあります。

相手に香りを印象づけたいからといって、香水をつけすぎてしまうと逆効果です。

匂いが強くなり、嗅覚に訴える効果がなくなってしまいます。

 

また、この香り「好きだな」「良いな」と思っても、男性と女性では香りの好みが違う場合も多いです。

そもそも、

女性のほうが匂いに関して、男性より敏感なことが多く、男性は、あまり強い匂いを好まない傾向が強いです!

 

少し注意も必要ですが、上手く香りを活用すれば、異性を惹きつけることにも繋がります。

相手が不快に感じる香りだと本末転倒ですが、心地よいと感じてもらえる香りを探し出し、相手にあなたの香りだと印象づけてみてはいかがでしょうか!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。