今回は「SNSの友達の数が多ければ、恋愛に活かせるのか!?」というお話です。

 

SNSを利用している方は年々増えている状況ですが、SNSの多くには、「フォロワーや友達の数」や「いいね」の数など数字の見える化がされている場合がほとんどですね。

そして、この数字には一種の魔力があります。

なぜなら、数字が「増えた」、「減った」で、一喜一憂している人も多いからです。

 

そんなSNSですが、情報発信や情報収集がトレンドとなっている現在は、テレビやインターネットよりも早く情報を手に入れることができたりとメリットも数多く存在します。

そこで、SNSでの友達やフォロワーが、あなたの恋愛においては重要な役割を担えるかを少し考えていきたいと思います。

 

ちなみに、社会学者によると、

人間は300人までフルネームを覚えられることがわかっており、アクティブに付き合える知り合いや友達の数も300人ほどが限界だそうです!

さらに、研究では、

人がコミュニケーションを保てる数というのは、150人程ということで・・・!

 

SNSでいくら多くの友達がいようとしても、恋愛にはあまり活かせないのです。

もちろん、SNSを否定するつもりはありません。

デートに使える情報やプレゼントが安く買える情報など、良い情報がゲットできることも多くあると思います。

 

ただし、結婚相手や恋人を探すには、お得な情報だけ持っていても、あなたが行動しないと何の役にも立ちません。

それなら、友人とご飯を食べに行った時に、誰か相手を紹介してもらったり、もしくは、何かのパーティーに参加し、気になる相手と意気投合するほうが、恋愛が進む可能性としては多いのではないでしょうか!?

 

要するに、

SNSの中ではなく、現実世界で日常的に親しくコミュニケーションを取れる人数を増やしたほうが、恋愛が発展しやすいのです!

絶対というわけではありませんが、皆さんもネットの世界だけでなく、現実世界で行動することを心がけてくださいね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。