今回は「友達以上恋人未満の関係・・・!」というお話です。

 

一緒にいると楽しいし、嫌いでもない・・・けれど、交際に進むこともなく、お互い時間がある時に連絡を取り合い、遊びには行く。

俗に言う「友達以上恋人未満の相手」がいるという方も少なくないと思います。

 

実際に、「友達以上恋人未満の相手」がいるという人を観察すると、相手に恋心を抱いていたが、相手が交際を望んでいないことを察知し、そのままズルズルと友達の関係が続いているという場合が多いように感じます。

もちろん、今のままの関係で満足ならよいのですが、心のどこかで交際することを望んでいるのであれば、早めに自分の気持ちを相手に伝え、相手にも白黒ハッキリとした態度を示してもらうことをオススメします。

 

なぜなら、

友達以上恋人未満の相手がいる場合、その関係を引きずって、新しい出会いに進めなかったり、のらりくらりの関係を続けては、時間だけが無情にも過ぎ、いつのまにか婚期を逃してしまう可能性だってあるからです!

 

そのため、相手との関係が発展しなくて、どちらかハッキリしたい時には、真剣に、そして、ストレートに自分の気持ちを伝えてみてください。

相手の本音を傷つくことなく聞くならば、「これ以上、彼氏(彼女)候補になれないのなら、友達のままでいい」と、相手に伝えるのが一番良いかもしれません!

 

ただ、それよりも踏み込んで、

イチかバチかの可能性に懸けるなら、「今までありがとう。あなたのことが好きで交際したかったけど、その気持ちがなさそうなので、これで連絡するのはやめます」と、こちらから今の状況を終わらせる覚悟を伝えてみてください!

相手があなたに未練があるなら、きっとその言葉に焦りと危機感を覚え、関係性が発展するかもしれません。

 

どちらにしても、今、交際する気がなくとも、今後、交際する気持ちがあるかだけでも、ハッキリと確認しておかなければ、気づいた時には長い年月が経っており、婚期や新しい恋を逃していたという、後悔しても悔みきれない状況になる恐れだってあります。

 

「後悔先に立たず」という言葉がありますが、そうならないようにするためにも、曖昧な関係が続く場合は、勇気を出して相手に気持ちを伝えるように心がけてみてください。

それがきっと、恋愛の新しい道への一歩となるはずです。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。