挨拶の際にプラスの一言を付けるだけで・・・!

 

今回は「挨拶の際にプラスの一言を付けるだけで・・・!」というお話です。

 

誰に対してもそうですが、「おはよう」、「お疲れ様」など、挨拶をすることはコミュニケーションにおいて、基本中の基本です。

もちろん、そんなことは言われなくても分かっているという方がほとんどだと思いますが、実は、挨拶を通して、相手からの印象を良くする方法があります。

 

それは、

定番の挨拶の際に、その相手にだけ特別となる、プラスの一言を付けるだけで、相手に与える印象が良くなるというものです!

 

例を挙げるなら、ただ単に、「おはよう!」と言うのではなく、相手が青いネクタイをしているなら、「おはよう!その青いネクタイ、清潔感があってカッコいいね!」だったり。

他にも、「お疲れ様!今日は○○が大変だったと思うけど、ありがとね!」と、このように、誰にでも通じる言葉ではなく、その相手にだけ当てはまる言葉を伝えることで、相手が喜んでくれることに繋がるというわけです。

 

そもそも、

人は、「認められたい」、「理解されたい」という承認欲求を持っており、相手が自分のことをちゃんと見てくれているというのが分かることで、その相手に対して、心を開きやすくなります!

 

そのため、普段から、相手のことをしっかりと観察して、相手のちょっとした変化や細かい部分にも気がつけるようになっておくことも大事なことだと言えるでしょう。

 

挨拶の際に、相手が聞いて嬉しくなるようなポジティブな言葉を付け加えるだけなので、そこまで難しいことではありません。

ですから、好きな相手や気になる相手に対しては、特に、意識してやってみることをオススメしますよ!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。