今回は「男女共に嫌われやすいのは、○○な人です!」というお話です。

 

結婚や交際したい異性に関して、理想を聞いてみると、「外見が良い人」、「性格が良い人」、「お金持ちな人」・・・etc

このように、自分自身の理想の相手に関しては、いくらでも出てくるものです。

 

では反対に、恋愛対象外だと思う異性を聞いてみると、案外、答えは限られてきます。

 

その中でも、

男女共に下品な人は恋愛対象外だと考える人が、圧倒的に多いのです!

 

そもそも、いつも言っていますが、年齢を重ねるにつれ、結婚相手や交際相手に求めるものが、「安心感」や「知的さ」など、外見よりも行動や言葉遣いの部分が重要視されてくるようになってきます。

 

そのため、

礼儀やマナーがなっていなかったり、言葉遣いが悪い、さらには、単純に清潔感がないなどの下品な相手は、恋愛対象から外れてしまうだけじゃなく、嫌悪感を覚えてしまうことだってあるのです!

 

もちろん、理由を考えれば、「一緒にいると自分も下品と思われてしまいそうで恥ずかしい」、「非常識で不快になる」など、周りの目を気にしてというのがほとんどでしょう。

 

当たり前のことですが、

結婚や交際に進めば、否が応でも自分の家族や友人と会う機会があるでしょうから、始めから周囲に、ネガティブな印象を与えてしまうと分かっている相手は選ばないというわけです!

 

ちなみに、自分のことを下品と自覚がある人は少ないと思いますが、たとえ自分は下品と思っていなくとも、知らず知らずのうちに、異性から下品と思われてしまうことだってあるので注意が必要です。

 

具体的には、「突発的な場合に、人と挨拶ができない」、「姿勢が悪く、表情も笑顔じゃない」、「身につけていたり、持っている物がボロボロ」など、このような所を相手に見られて、下品なのかな・・・と勘違いされることだってあるので、気をつけるようにしてくださいね。

 

実際のところ、普段から取っている行動や言葉遣いなどが癖になって、いつの間にか出てしまうということだって少なくありません。

ですから、大事な時だけじゃなく、常日頃から品のある行動や言葉遣いを心がけて、異性から好まれるよう努力していきましょうね!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。