今回は「相手に歩み寄ろうとする姿勢を持つこと!」というお話です。

 

気になる相手がいて、声をかけたい気持ちはあるけれど、いきなり声をかけたら、変な人だと思われてしまうのではないかと考え、なかなか声をかける勇気が出ないことってあるのではないでしょうか!?

他にも、質問したいことはあるけれど、相手の様子を見ていると、今声をかけたら迷惑になるかもしれないと考え、なかなか質問するタイミングが見つからないという場合だってあるのではないでしょうか!?

 

このように、自分自身は相手に対してコンタクトを取ろうと思っていても、その一歩が踏み出せない経験をしたことがある人も多いはずです。

実際、勇気が振り絞れないことも、相手に気を遣い過ぎてしまうことも、どちらも気持ちはよく分かります。

 

けれど、恋愛の場面であれば、

相手と会話をすることや、一緒にいる時間が多ければ多いほど、相手からも好感を持たれる傾向にあるので、いかに、勇気を持って相手とのコンタクトを増やすかが、恋愛成功への鍵となってくるのです!

 

そのため、普段は緊張しがちで、会話が得意でないという人であっても、相手に声をかける勇気を持たなければいけませんし、その勇気が出なければ、いつまで経っても恋愛が上手くいく可能性だって低いでしょう。

ちなみに、「だんだんと寒くなってきましたね」、「今朝のニュースですが・・・」など、天気や時事ネタであれば、どんな人だって話せるはずですし、相手も深く考えずに返事ができるので、会話のきっかけとしては良いのではないでしょうか!?

 

ここまで、相手に声をかける勇気を持つことの必要性をお話してきましたが、それでもまだ、声をかける勇気が出ないという方がいるなら、その方達へのアドバイスです。

それは、どうしても、自分が相手に声をかける勇気がないのであれば、相手から声をかけてもらいやすい雰囲気作りをしておくことです。

 

考えたら分かると思いますが、自分が相手に声をかけても、無愛想な態度を取られたり、会話が長くは続かない相手であれば、無理してまで話をしようとは思わないはずです。

反対に、声をかけたら、満面の笑みで返事をくれて、自分の話を一生懸命聞いてくれる相手であれば、顔がタイプでなかったとしても、きっと、たくさん話をしたいと思うはずです。

 

要するに、

積極的に相手を受け入れる姿勢を示すことで、自分から声をかけずとも、相手から声をかけられることに繋がり、自然と、相手が色んな話をしてくれるようになるというわけです!

 

つまり、自分から声をかけるにせよ、相手から声をかけられるにせよ、

最低限、相手と会話のキャッチボールを成立させなければ、それ以上の関係になることはないのですから、まずは、どんな形であれ、相手と話すことが何よりも重要なことなのです!

 

ですから、相手に声をかける勇気がないからといって簡単に諦める必要はありません。

その時は、相手を受け入れる姿勢を示すことで、状況や相手との関係性だって大きく変化することだってあるわけですから、よく肝に免じておいてくださいね。

 

大事なことは、相手に興味を持ち、相手に歩み寄ろうとする姿勢なのですから!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。